Search
Search Menu

運転免許取得を考えたら読む話

運転免許の種類

運転免許の種類には普通自動車、普通自動二輪、大型自動車、特殊車両というものがあります。自家用車であれば普通自動車、バイクであれば普通自動二輪になります。
普通自動車は一般的な自家用車で、軽自動車も含まれます。普通自動二輪は排気量によって原付、小型、普通(中型)、大型に分けられます。大型の二輪というと代表的なのはハーレーでしょうか。原付免許は16歳で取得することができますが、18歳以上で普通自動車の免許を取得することで、原付免許を持っていなくても運転することができます。
大型自動車は総重量11,000キログラム以上、総積載量6,500キログラム以上、定員30名以上と定義されています。バスは大型自動車となりますが、そのほか大きな車両であるブルドーザーやショベルカーといった重機は大型特殊車両とされます。注意が必要なのは、運転免許といったら18歳で取れるものと思われがちですが、大型自動車や特殊車両免許は既に普通自動車免許を取得していなくてはいけないほか、運転歴が3年以上、満21歳という条件があり、いきなりこれらの免許取得はできません。

運転免許の区分

運転免許には第一種運転免許、第二種運転免許、そして仮運転免許という区分があります。仮運転免許は正式な運転免許を取得する前の免許で、公道を走ることはできますが、第一種もしくは第二種の運転免許を所持している同乗者が必要になります。また、車のナンバープレートの隣に『仮免許運転中』の表示をしなくてはなりません。この時に乗ることができるのは、仮免許を受けた種類の車両に限られます。例えば、普通自動車の仮免許であれば普通自動車に乗れますが、普通自動二輪の免許を持っていなくては二輪には乗れません。
仮免許を取得した状態で検定試験を合格すると第一種、あるいは第二種の運転免許を取得することができます。ここで第一種運転免許はごく一般的に自家用車を運転するためのものです。第二種はどういう車両を運転できるかというと、普通自動車でいえばタクシー、大型自動車ではバスになります。お客を乗せて運転する車両といえば分かりやすいかもしれません。
このように免許には意外と細かい区分、種類があります。自分の生活スタイルを考え、交通手段とするか将来的に職業にするかを踏まえ、どの免許取得を目標とするか決めると良いかもしれません。

まずは第一種普通自動車免許から

運転免許が欲しい、それを交通手段として取得するかあるいは身分証明書として必要か、さらに車を運転する職業に就くかは人によって様々です。いずれにしても、第一種普通自動車免許から目標にするのがごく一般的な資格取得と言えます。まずはここを目指してみましょう。