Search
Search Menu

合宿免許で最短卒業するためのポイント

合宿免許だと浮かれてしまって学科試験などで失敗してしまったという方がいますが、しっかりと勉強することによって最短卒業することが可能です。
そのためには勉強のポイントや技能のポイントをしっかりとおさえることであり、毎日の自習や予習・復習を欠かせずに取り組むことです。

合宿免許でよくあるパターンなのが実技検定で合格しても学科試験で失敗してしまうことであり、1段階でも2段階でもしっかりとした勉強をしなければなりません。
もちろん卒業したあとも本試験がありますから油断してはならないでしょう。

勉強のポイントとしてあるのが、毎日繰り返して自習することです。
今の時代だとスマートフォンを利用して自習できるソフトもありますし、本当の試験と同じような感覚で問題を解いていくこともできます。
学科の授業もしっかりと聞くことが大切であり、学科試験では引っかけ問題が多くなりますので授業を聞いているかどうかが大きな分かれ目となるでしょう。
また分からない事があれば指導員に質問しておくことも大事です。

次に技能のポイントになりますが、失敗を絶対に無くそうと考えると逆に緊張してしまいますのでリラックスすることが重要です。
常に冷静になってリラックスして指導員のアドバイスを聞いておくことが大事であり、細かい運転技能や後方確認などの見落としは心理的な部分が影響していることが多くあり、本番の試験でも練習と同じようにできるようにしておくと良いでしょう。

合宿免許を最短卒業するためには細かい注意点もたくさんありまして、まずは寝坊は厳禁です。
宿泊施設に泊まって仲良くなった友人たちと過ごしていると気が緩んでしまいがちで、ついつい寝坊してしまうことがあります。
スケジュールが少しでもズレると日程が延びてしまい最短卒業は難しくなりますし、もし教習が受けられなくなっても改めて個別で教えてもらうのは難しいでしょう。

毎日生活をしながら学んでいきますので体調管理をしっかりと行なうのも重要になりまして、慣れない土地でストレスが溜まって風邪を引いてしまうケースが実は多いです。
大きく体調を崩してしまうと一時帰宅しなければならなくなったりすることもありますし、毎日の生活のなかで体調管理は徹底してください。

毎日の授業が終わると友人たちと遊びたいと考えてしまうのが普通かもしれませんが、なるべく空き時間を有効活用することで最短卒業に近づきます。
大きな勉強のポイントは予習・復習をはじめとする自習になりますから、あまり遊び過ぎないようにしましょう。